大阪で不動産セミナーに参加して学んだこと

大阪で不動産セミナーに参加して学んだこと

このところ不動産投資に興味がわいてきて、インターネットなどを利用していろいろと不動産投資のことを調べていました。

そんな時、大阪の梅田で誰でも参加できる不動産セミナーがあることを知りました。

さっそく申しこんで勇んで参加してきました。

まだまだ不動産に対して初心者で無知な私はお恥ずかし話ですが不動産投資の利回りについてもどんなものなのか、あまり詳しくは知らないというレベルでした。

この不動産セミナーは不動産投資の初歩のことから解説してくれるので利回りについても詳しく解説していただきとても役に立ちました。

利回りとは所有する不動産物件を賃貸した時に1年間で得られる家賃収入を不動産の購入価格で割ったもので、利回りが高ければ高いほどその不動産がオーナーにとって利益をたくさん生み出すということでした。

特に東京や大阪などの大都市圏では利回りが大きな物件が多いということでした。

しかしこれからはもう少しレベルの高いことを勉強していきたいと思っています。

先日大阪で参加した不動産セミナーで学んだ利回りの種類

先週の金曜日の夜、大阪の梅田で誰でも参加できる不動産セミナーに参加してきました。

このような不動産セミナーに参加するのは2回目で前回は京都で行われたセミナーに参加したので大阪のセミナーに参加するのは初めてでした。

このセミナーでは利回りの種類についていろいろと勉強してきました。

利回りとは1年間に得られる不動産の家賃収入÷不動産の購入価格で算出しますが一口に利回りと言っても3種類の見方がある事を学びました。

大阪の不動産セミナーに参加する

その3種類とは表面利回り、想定利回り、実質利回りの3種類で一般的に単純に家賃収入÷不動産購入価格で算出したものが表面利回りということで、想定利回りとは、家賃収入の部分を実際の相場に置き換え、少しシビアに算出したものを購入価格で割ります。

これにより表面利回りより少し現実的な数字が算出されます。

実質利回りとは、実際に得た不動産の家賃収入から必要経費(管理費、修繕費、税金)などを引いたものを不動産購入価格で割ったものでより正確な利回りと言えます。